サジェストによる風評被害対策はメソッドにお任せ

サジェスト、虫眼鏡の風評被害

 

yahooやgoogleではスムーズな検索をサポートする、サジェスト虫眼鏡が機能しています。
検索窓にキーワードを入力すると、直ちに関連する語句がいくつか提案され、検索者が目的とするサイトへの近道を提示してくれます。

 

虫眼鏡を持つ子供

提示を選択することで、利用者は全てを入力するまでもなく検索が可能となり、様々な関連性のあるキーワードを知ることもできます。

 

また、検索窓にキーワードを入力してクリックすると、表示されたページの上部に検索語句に別の語句を加えた検索一覧が表示されます。

 

これも、検索者が求めているサイトにたどり着くのをサポートする機能で、さらに検索者の興味の幅を広げてもくれます。
サイト運営側としては、サジェストや虫眼鏡に任意のキーワードを出現しやすくすることで、サイトのアクセス数を増やすという対策も行っています。

 

 

本来は便利なサジェスト機能

本来であればサジェストや虫眼鏡は検索者やサイト運営者にとって有意義に機能しますが、時には悪い方向に働いてしまうこともあります。
それがネット上で発生する風評被害です。

 

例えば、ある社名を検索窓に入力したとしましょう。
すると、社名の後に勝手に「ブラック」や「最低」というネガティブワードが表示されます。
それらが事実無根であったとしても、目にした検索者は直感的にその会社に対して悪い印象を持ってしまうでしょう。

 

そのような関連語句を元に検索を進めれば悪評ばかりを目にしてしまい、誤まった情報が植えつけられ、さらにツイッターやブログで書き込みもするかもしれません。
サジェストや虫眼鏡によって発生するネガティブワードを放っておけば、風評は拡大し続けます。

 

 

そのようなネガティブなキーワードを一刻も早く見えないようにしたいと思うのは当然ですから、そこでネット上の風評被害対策を得意とする業者が活躍します。

 

メソッドでは業界トップクラスの実力と独自の対応・施策により高い満足度を獲得、また独自24時間風評監視システムSWAGも展開しており、知らぬ間に風評が広がるのを防ぐことも可能です。