検索上位に表示される風評被害について

悪評が検索上位に

 

マウスを持つ手

 

サイトの知名度を上げるために、yahooやgoogleの検索上位に表示されるに工夫することは大切なことです。

 

何かしらに興味を持って検索する人は、上にあるものほど目に付きやすいですし、また上にあるほど信頼性が高いと判断してクリックします。
そのため、様々なジャンルのサイトがどこよりも上位に表示されようと対策し、これがSEO対策と呼ばれています。

 

各サイトがSEO対策をしていれば上位を競う形になりますが、時には自社や個人に対して悪評を書きこんだサイトが上位に表示されてしまうこともあります。
検索者は正規の情報を目にする前に悪評をクリックしてしまい、信頼を損ない、風評被害を発生させてしまう恐れがあります。

 

 

 

悪評によるダメージ

ネット上には優良な情報だけでなく、個人SNSや電子掲示板、2ちゃんねる等で書き込まれた情報を転載する複数のまとめサイトがあり、情報を求める検索者によって上位に食い込み、その中には害をもたらす悪評も込まれています。
火のないところに煙は立たない、とは言いますが、ネット上に関しては火がなくとも煙が立ってしまうものです。
謂れのない悪評によって、企業や個人が酷く傷つき、場合によっては多大な経済ダメージも受けてしまいかねません。

 

 

原因は?

正常なサイトよりも悪評が書き込まれたサイトが上位に表示され風評被害を発生させてしまう原因は一概ではありませんが、基本は誰もがゴシップ情報に目がない心理にあると言えるでしょう。
ゴシップ週刊誌や衝撃ニュースを伝える報道番組が人気のように、驚く情報ほど人々は釘付けになります。
残念ながら、人の不幸は蜜の味、と思う方は多いものです。
そうして得た情報の真否はともかく悪評サイトの検索、閲覧数を増やし上位に定着させ、また自身によって新たな書き込みも行えば拡散し続けてしまいます。

 

 

 

このようなトラブルを解決するには個人ではほとんど対応不可能で、専門業者に依頼して根本から解決する必要があります。
メソッドでは他社と比べても幅広いネット上風評監視の評価が高い独自の監視システムのSWAGを導入しています。
検索上位に関連する情報を24時間監視し、風評発生を未然に防ぐことが可能ですし、発生後も早急の対応を得意としています。