2chに書き込まれた風評被害記事の対策

2ちゃんねるでの風評被害

 

2ちゃんねるは自由な意見を、個人特定されずに発言できる電子掲示板のひとつとして人気を得て活躍しています。

 

誹謗中傷イメージ

 

個人特定されずに気軽に述べられるメリットが高く評価されていますが、裏を返せば自由に他者に対して誹謗中傷を書き込むことができる、ともなってしまいます。
その的になってしまうのは大きな存在である企業や芸能人というだけでなく、もっと身近な存在で、自分の社会に近い職場や知人という場合もあります。

 

根も葉もない書き込みをして、それが広がってしまい、風評被害が発生してしまえば、誰かが傷つくだけでなく、自身も追い込まれてしまいかねません。

 

 

2ちゃんねるの性質

 

頭を抱える男性

2ちゃんねるは良くも悪くも、リアルタイムで書き込みが立て続けに行われます。
その性質にあまりにも慣れすぎてしまったがために、一時の感情によって、他者を激しく批難するような書き込みもできてしまいます。

 

時間が経ち後悔しても書き込みは消えることなく、それどころか続くように刺激的な書き込みが連続してしまえば取り返しがつきません。
こういった場所で発生した小さな噂程度のものでも、多くの人が騒ぎ立てることにより、虚構の真実となって外部にまで広がってしまうこともあります。

 

 

 

簡単に書き込めるために、ミス投稿も起きやすいものです。
自分、あるいは誰かを特定するような書き込みや画像を投稿し、それが反社会的内容を伴っていれば、反応は大きく、やはり削除できずに困ってしまい、情報が広がるのを防ぐこともできず、多くの方に迷惑をかけてしまいかねません。

 

自身の日常の行動や発言が誰かを傷つけ恨まれてしまい、2ちゃんねるに特定されるような書き込みをされてしまうこともあります。
名前、住所、電話番号等が漏れれば日常生活に危険すら発生しかねません。

 

 

風評発生の恐れがある書き込みを早急に発見し、対応するのが被害を防ぐ一番の鍵となります。
企業から個人まで、思わぬ所から火が発生しないよう、ネット風評被害を専門とする業者に相談し、事前対策に努めることが勧められます。
メソッドでは自社開発の風評監視システムSWAGを導入し、2ちゃんねる専用も用意し対策されています。